私の町

私の町:香港

これは私自身の写真ではない。

http://4.bp.blogspot.com/-PyihUFPqByE/T3RPgC-Kh1I/AAAAAAAAIkE/ybHgffkbElE/s400/Hong+Kong+Skyline.jpg

皆さんは多分映画やドラマで香港のにぎやかな街の様子を見たことがあると思う。香港は中国の南にあって地図に見えないほど小さな町だ。日本と似ていて、香港は多くの島でできている場所だ。そして、自由な経済社会のおかげで、世界中に繁栄している有名な国際都市として知られている。でも、皆さんは香港の伝統や地理をどのくらい知っているのだろうか。香港は小さい町だが、たくさんの面白い文化に溢れている。

香港は特別行政区なので、中国の文化も外国の文化もある場所だ。中国のお正月に、家族や親戚と一緒にご飯を食べたり、正月の特別テレビ番組を見たりする。どこへ行っても赤や金の飾り付けを見えて、にぎやかな街で喜んでいる人々がお互いに”拜年“する。 拜年 というのは、中国の新年に親戚と挨拶するということだ。親戚を集まって、一緒に新年の食べ物を食べたり、結婚した方が子供にお年玉をあげたりする。一方で、香港人はクリスマスをとても大切にする。様々な家族は必ず家でクリスマスツリーを立て、きれいに飾る。そして、デパートや家で一ヶ月間ずっとクリスマス曲が流れている。そいうことがあるけれども、香港でクリスマスを祝う理由は宗教の影響でなく、ただのコマーシャル的な休みだからである。それに、香港で中国の文化を代表する道があるし、外国の文化を代表する道もある。例えば、ランクワイフォンという場所は外国のバーが集まっている場所だ。週末、多くの人がバーやクラブに入って、友達と飲んでダンスする。また、香港は喜帖街という道があって、そこは中国の伝統的な結婚式招待状を売っている道だ。

長年に渡って、だんだん香港しかない文化もあるようになった。一番代表的なのは釈包山節だ。釈包山節というのは、 釈迦の誕生の日にある祭りのことだ。この祭りはチュンチャウという香港の島で行い、その日に、チュンチャウに住んでいる子供たちが道教の神様のような服を着て、チェンチャウの街をパレードする。夜の12時には、「搶包山」という試合を行う。選手はパンでできている大きなタワーを登って、タワーの一番上のシールが付いているパンを背中のバスケットに入れて、一番多くのパンを取った選手が勝利となる。シールが付いているパンは「平安包」と言い、食べる人を守ると言われている。ある年、事故があって、一人の選手がタワーから落ちてしまってなくなった。その理由で、試合は何年間も行わなかったが、最近は昔より多くの安全措置を使って、また行われるようになった。

香港は特別な祭りだけでなく、名所も沢山ある。例えば、有名な絶景が見られるチムサーチョイは最も人気がある観光スポットの一つだ。香港島の高いビルに協力して、毎晩の八時にライトショーを行い、ビルの外で色々なパターンのキラキラするネオンライトを作って、観光者や見る人を楽しませるイベントだ。

大人に興味があることだけでなく、香港は子供にとって面白いところも沢山ある。香港は二つの大きいテーマパークがある。オーシャンパークとディズニーランドだ。オーシャンパークは海洋生物のテーマをしたパークだ。そこで、様々な海洋生物がもちろん見られて、激しいジェットコースターにも乗れる。そして、皆が大好きなディズニーランドで映画やテレビを出るキャラクターと写真が撮れて、家族全員が楽しめる乗り物に乗れて、香港限定の商品も買える。ディズニーのファンは絶対に見逃してはいけない。

また、香港と言えば食べ物を忘れることが出来ない。香港は世界中に色々なグルメが集まっている美食の天国だと知られている。ミシュランのレストランが何百軒もあり、考えられる限りのグルメが見つけられる。でも、一番おすすめするのは香港の伝統的な食べ物だ。香港へ行くなら飲茶をしなくてはいけない。飲茶というのは、南中国、特に香港とマカオで行われている、中国茶を飲みながらディムサム(竹でできている篭で蒸した食べ物)を食べる習慣である。飲茶のレストランで鶏肉を注文する時、レストランは鳥の頭も出す。外国人がこれを見たらびっくりするが、レストランが鳥の頭をお皿に置く理由は肉の新鮮さを証明することである。そして、香港人は甘いものが好きだから、レストランで香港の代表的な卵のタルトやパイナップルパンも味わえる。

香港人はいつも忙しくて速く歩くような気がする。生活のペースが速いので、 買い物や食事をする時には、店員さんは皆効率的だが、人々はその理由であまりリラックスできない。香港ではどこに行ってもwifiがあってすごく便利なところだが、世界の中で一番携帯電話を使っていて、いつも頭を下に向くと理由で、「低頭族」と呼ばれている。また、香港は物価が高くてどこへ行っても込んでいる。だが、香港は公共交通機関が便利で、食べ物が美味しくて、街がきれいな所で、住みやすい場所だと思う。私は香港にいる時、いつも香港のことを愚痴を言うが、アメリカに来てから、香港のよさをとても感じている。このような都市は他にないと思って、本当にこの町が好きだ。いつか、皆さんは是非、香港に行ってみて、この場所の素晴らしさを自身に体験してください。

Hong Kong is Home. from Javin Lau on Vimeo.

卵タルトの写真:http://lokness.files.wordpress.com/2012/03/img_0282-ps.jpg

搶包山の写真:http://orientaldaily.on.cc/cnt/news/20130517/photo/0517-00176-013b1.jpg

http://www.rangepcc.com/images/IMG_7119.JPG

4 Comments

  • October 7, 2013 - 10:30 pm | Permalink

    いいレポートになりそうですね。気がついたところは次の3つです。

    「経済が強い/いいだからアジアで重要な国です」
    →「経済が強い/いいからアジアで重要な国です」

    「鶏肉を注文する時、鳥の頭も奉仕する」
    →「鶏肉を注文する時、鳥の頭も出す」

    「香港は物価が高くてどこへ行っても込んでいても本当に住みやすい場所と思います。」
    →「香港は物価が高くてどこへ行っても込んでいても本当に住みやすい場所だと思います。」

  • November 25, 2013 - 1:30 am | Permalink

    The first paragraph introduces the overall context of the page, but quite generally so that the content of each paragraph is unknown. The content is quite good, but seems kind of abrupt from one paragraph to the next. More context in the introduction would help this. The content is great though!

    The conclusion is quite good—my favorite part of the report was where you talked about loving Hong Kong when you’re not there, even though you grumble about it when you’re away—but should be a separate paragraph. I also liked your mentioning of the amusement parks and Disneyland; Disney is almost ubiquitous so many people can relate to it.

    Great job!

  • December 9, 2013 - 3:27 am | Permalink

    Looks really good!

  • December 10, 2013 - 11:02 pm | Permalink

    とてもいいレポートになりましたね。いつか香港に行ってみたいです。

  • Leave a Reply