Feed on
Posts
comments

これは私の最後のタフツ大学にいる年で、最後の日本語のブログポストだ。悲しくても今は充実感がいっぱいだ。そして、日本語の専門だから、毎学期日本語の授業を取って香川先生も小泉先生も森田先生にもお世話になった。おかげで私は日本語が分かれるようになったと思う。能力はまだまだだけど、何も知らなかった一年生の時の私と比べて、沢山習った。全部のタフツの四年間を思い出すと、時々いやな思いが来てしまうが、なかなか感謝する気持ちのほうが多い。だいたい一番大切の思い出は友達と一緒の時や尊敬している先生と話した時だ。

でも、一つのことは、この四年間を終わって、やっと一番やりたいことを気づけると思ったのに、まだ全然分からない。この不安を運んで世界に出るとは本当に恐ろしい。そして、今はまじめに人生って何だろうと考え始めてきた。怖くても、この世界に何かがついに分かるといいんだが…

今週、論文で忙しいし月曜日も休みだからブログのことを忘れてしまいました!だからこのポストは一日遅れました。最近、大変に忙しいけど、今週末アニメボストンと言うアニメコンがあるから楽しみにしています!私はアニメが好きなのに一度も行ったことがありません。この四年間いつも行きたくても全然だめでした。例えば、一年生の時、アニメボストンは春休みの間だからコンの日に私はもうニューヨークに帰ってしまいました。二年生の時、コンは大学の期末試験の後で、去年、私は京都で留学をしていました。だから今年私はどうしても参加したいです。最後のチャンスだから。どこのアニメコンでも行った事がないからこの初めての経験を楽しみに!

でも、楽しめるために最初に仕事をしなくちゃいけません。^^;

論文

この二週間、論文ばかり書いていた。僕は頭がもうすぐ動かなくなる感じがするが、論文に関しての気持ちは悪くない。なんか、終わったらとてもいい気持ちになると思う。でも、まあ、まだまだ書かなければならない部分があって、これからプレシュアもどんどん高くなると思う。大変なのにトピックが好きでよかったことしか考えない。好きなトピックについて書けるのは最高だと思う。そうじゃなければ、絶対に出来なかった。

それで、他の論文を書いている学生はほとんど英訳をしていて、英訳じゃない論文を書いているのはぼくしかいないから最初にちょっと自信が少なかった。それにしても、 ここまでリサーチした全部が見るとやっぱりすごいと思う。論文は大変に違いないが、書くのを決めてよかった。

出身市

私はシラキュス市出身です。シラキュスはアメリカの北東にあるニューヨーク州の真ん中にあります。ニューヨークやボストンに比べてとても静かな町だと思います。地形は随分広いけど、町中にシラキュス大学は大きい坂の上にあるからとても美しい所です。シラキュス大学といってバスケットバルのチームは特に有名です。高校生の時に春になると皆はバスケットばかり話したのを思い出します。

大学は有名けど、シラキュスの冬は大雪があるとしてよく知られています。町の周りに色々な山があるからスキーをするのが好きな人ならとても便利です。雪以外に、シラキュスの気候は四季があって春夏秋の時に湖がきれいで散歩もなかなか安らいです。町は人でそんなに込んでいないから楽です。だから私の一番好きな所は家に近くの公園です。公園は湖のそばで船が見られるし人はよく犬を一緒に連れてくるからとてもいい思い出があります。シラキュスにある両親の家に戻るといつも懐かしい気持ちがします。

日米関係

今までの日本語のクラスで読んだり話したりしたことの中では日本の言葉が一度も出てこなかったオバマ大統領の一般教書演説についてもう少し考えたいと思う。興味があるの理由は日米関係についての関心だけではなく、日本語を勉強している学生としてもこれは大変な重たいことだ。将来の仕事に影響を与えられる可能性が高いからこの状態は私達が考えるべきことだと信じている。

この理由は我侭と言うことかもしれないけど、日本が米国と無関係になれば大学の日本語の専門はどうなるのかなと思って、私はそんなことを気にしている。それと、米国で日本の存在がなくかると専門に何の意味が残られるか。国際の世界はいつも変わっているのが分かっているが、国際的な討論の目の付くの所が違っても日本に関しての興味を無くしたくない。

日米関係をよくなるために、今私は学生ばかりで出来ることは少ないと思うけど一番大事なことが日本に対してのを持ち続くことだ。結局は、日本に関係がある仕事を探すとか仕事じゃなくても他の文化的なことに参加するとか小さくてもインパクトになることが出来るかもしれない。

最初のポスト

久しぶりにブログを書いています。高校の時半年ぐらいやってみましたがやっぱりやめました。今学期面白いブログを作ることを頑張ります。皆なよろしくお願いします。^^

なんか時間が勝手にに動いている気がしたことがありますか。私は今その感じがします。もちろん大学四年生として卒業の後はどうになるか色々不安だけど一番時間が早いと思わせることは私の妹です。妹は高校三年生で今車を運転することを習っています。

めっちゃ怖いんですよ。

妹の運転能力に全然信用がないからね。妹が右か左に折れるとスピードが多すぎて「死ぬ、ここから絶対に殺されちゃう」とか「明日まで生きられるように」とか考えてしまいます。そして妹はいつも私や母に送られているくせに道が全然分からないようです。途中で道に迷ってしまうのが心配ですよ。

また家に戻ったら彼女が上手になるといいんですが。。。じゃなければ私の車を渡しませんよ。